住宅ローン審査をパスするために抑えるべきポイント

住宅ローン審査をパスしやすくするためのポイント

気になる住宅ローン審査の注意点

住宅ローン審査の前に希望する金融機関に口座を開いておきます。 物件の種類によって住宅ローン審査の基準がかなり変わります。 基本的な住宅ローン審査の基準を把握しましょう。 金融機関がどのような内容を重視して、住宅ローン審査を行っているか事前に調べると良いです。

負債は減らしておこう

カードローンなど負債が多い方は事前に負債を減らしておきましょう。 住宅ローン審査で負債が基準より多い方は利用が難しいからです。 審査の前に借入額を確認したり、返済をしておく事がポイントになります。 心配な方は申し込みの前に金融機関の担当者に相談をしましょう。

住宅ローン審査はここを重視している

住宅ローン審査で金融機関がどこをチェックしているか確認しましょう。
一番のポイントになるのは完済時に何歳になるかです。
有利になるのは定年前に完済が可能な方です。

返済負担率がどのくらいになるのかはかなり大切なポイントです。
収入に対してどのくらいの返済をしていくかを示すのが返済負担率です。
住宅ローン審査の前に収入を増やすか、購入する物件の価格を見直しましょう。

物件の種類や査定価格によって審査が変わります。
物件の査定が良いと審査が通りやすくなる事があります。

勤続年数が長いほうが住宅ローン審査のポイントになります。
同じ会社でも勤続年数で基準が変わります。
もし転職を考えているなら住宅ローン審査が完了し経済的に落ち着いてからにしましょう。
収入が安定している職業の方が審査の際にポイントが高いからです。

一時的に収入が多い職種の方より公務員のような、収入が安定しており倒産などの危険が少ない職種の方の方が住宅ローン審査に有利です。

借入時の年齢が住宅ローン審査にかなり影響します。
あまりにも若いかたや定年が近い方は住宅ローンの審査が通りにくくなります。

健康状態が良い方が住宅ローン審査では有利です。
糖尿用や高血圧などの慢性疾患がない方が有利なので、審査前に健康状態を良くしましょう。
最近は住宅ローン審査で健康状態を重視する傾向にあります。
このサービスを利用したい方は、仕事が継続できるように健康状態に日頃から注意をしましょう。



支払いの遅延をしない

クレジットやその他の支払いを遅延していると住宅ローン審査が不利になります。 申し込みをする前にこれらの遅延を解消しましょう。 信用調査で支払いが滞っているのが判明するとこのサービスの利用がかなり難しいです。 自分の負債の金額を把握するようにしましょう。

TOPへ戻る↑