住宅ローン審査をパスしやすくするためのポイント

>

気になる住宅ローン審査の注意点

携帯電話の支払いなどの支払いに注意

住宅ローン審査で参考になる携帯電話の支払いなどに遅れないようにしましょう。
クレジットカードの支払いと同じようにこれらの支払い状況は住宅ローン審査の参考にされるからです。

心配な方は個人使用調査情報を取り寄せましょう。
自分の個人信用情報を入手して見直す事が大切です。
負債や支払いの遅延がないか確認をするのが住宅ローン審査をパスするポイントになります。

注意をしたいポイントとして、クレジットカードの利用が負債とみなされる点です。
住宅ローン審査の前に大きな買い物は控えましょう。
計画的に買い物枠などの負債を減らすのが重要なポイントです。
クレジットカードの利用が個人信用調査情報で負債に該当する事を意識しておきます。

審査にパスしなかった原因を解決する

金融機関の住宅ローン審査にパスしなかった場合には、原因を検討します。
原因を解消したうえで再度、審査から落ちた以外の金融機関が行っている住宅ローン審査を申し込みましょう。
問題が解決しないうちに複数の金融機関に申し込むのは得策ではありません。
短期間に複数の住宅ローン審査を申し込むと不利になる場合があるので注意をしましょう。

仮審査の際に問題点を考える事が大切です。
本審査の前に仮審査があるのですが、この結果を見てどのような点が問題なのか考えましょう。
公共料金の延滞などがある場合は解消する事が大切です。
忘れている支払いが無いか確認をしましょう。
これらがあると住宅ローン審査で減点の対象になるのでパスが難しくなります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑