住宅ローン審査をパスしやすくするためのポイント

>

負債は減らしておこう

完済時の年齢を80歳未満に設定する

住宅審査ローンにパスするには完済時の年齢が問題になります。
完済時の年齢が問題になる方は返済年月を短く設定しましょう。
例えば30年ローンだとパスが難しい方はこの点が問題になっています。

頭金を増やすなどで完済までの年月を短縮したり、毎月の返済金額を見直しましょう。
夫婦で働き収入を増やすと完済がはやくなり、審査が通りやすくなります。
返済する収入源が増える事で住宅ローン審査のポイントが高くなるからです。
可能であればこのように収入が十分である要素を増やしましょう。
金融機関によっては親子リレーのように二代にわたって住宅ローンを支払うプランがありますが、多くの場合は自己資金が審査の時点で大きな問題になります。

勤続年数が一年経ってから申し込む

多くの金融機関が行っている住宅ローン審査をパスするには、最低でも1年以上は勤続している事が条件になっています。
三年以上の勤続年数がある方が有利になるので、ある程度の年数は勤続をするようにしましょう。
勤務している企業の知名度より、申込者の勤続年数が長い方が住宅ローン審査をパスしやすくなります。
将来的に住宅ローンの利用を検討している方は、あまり頻繁に転職を繰り返さないように注意をしましょう。

転職を繰り返していると審査がかなり厳しくなります。
正社員で安定した収入があるように準備をしましょう。
アルバイトや契約社員は審査がかなり厳しくなります。
正社員になっておく事がこのサービスを利用する上でかなり大切です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑