住宅ローン審査をパスしやすくするためのポイント

>

支払いの遅延をしない

外国人は日本国籍または永住権が必要

金融機関が行っている住宅ローン審査をパスするには、日本国籍か永住権が必要です。
パスする条件にこれらが含まれるからです。
外国人の方は事前に日本国籍か永住権を取得しておきましょう。
配偶者が日本人でも申込者が外国籍だパスをするのはかなり困難です。

日本国籍を取得したり永住権を取得するのが難しい場合は他の方法を検討します。
配偶者が収入がある場合は配偶者の名義で借り入れをする事も検討しましょう。
配偶者名義でなら住宅ローン審査をパスする可能性がかなりあるからです。

これらの手続きには受理から許可がおりるまでに日数が必要なので、予め余裕をもって事務処理をしましょう。
場合によっては数週間から数か月かかる可能性があります。

物件に問題が無いか見直す

住宅ローン審査にパスしない理由に、物件の問題があります。
違法な物件や審査基準に満たない場合がこれらに該当します。
自分が購入しようとしている物件の資産価値や建ぺい率を見直しましょう。

金融機関や申し込む住宅ローン審査によりますが、ある程度の資産価値がないとこのサービスを利用する事が難しいです。
物件を探す際に資産価値があり、住宅ローン審査をパスしやすいものかどうか確認しましょう。

住宅ローン審査が利用できるのは、完済するまで物件が担保であり返済が見込めるからです。
正規社員でない方は職業を見直したり、負債がある方はこの点に注意をしましょう。
住宅ローンは計画的に支払いができる事がパスする重要な条件になります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑